デザインの4原則【近接】

こんにちは。デザイナーのNです。

今回はデザインの4原則と言われている
下記4点の2つ目にあたる近接についてお話します。

1、整列

2、近接

3、反復

4、コントラスト

近接とは簡単に言うと似たもの同士をグループ化するということです。

情報は必ずグループ化することができます。

同じような情報はグループ化して近くに置いてあげたほうが情報を認識しやすいですよね。

それでは、実際に例を見てみましょう。

blog_image01_130516

近接がされていない例

近接がされている例

近接がされている例

いかがでしょうか。

近接がされていない例では、
どこに何の情報があるのか予想できないため全ての要素を1つづつ確認していかなくてはなりません。

また、情報がちりばめられているため視線の移動距離が多く非常に疲れますね。

近接がされている例では、
情報がグループ化されているのでわざわざ探しに行かなくても知りたい情報をすぐに確認することができますね。

デザインに近接をとりいれることで情報が整理されるので伝えたいことが明確になります。

以上、今回は近接についてお話しました。

CONTACT US

株式会社プロフェッサはシステム開発・Webサイト制作会社です。
お仕事のご依頼やお困りな事がございましたらお気軽にご連絡ください。


Previous Post

Next Post