Googleマップ上に広告を表示する「ローカルビジネス広告」を開始

Googleマップ上に広告を表示する「ローカルビジネス広告」を開始

グーグルは2月28日、Googleマップ上に広告を表示する「ローカルビジネス広告」
を開始した。検索連動型広告「AdWords」のメニューの1つで、Googleマップ上や
Googleの検索結果上などで、地域でターゲティングをしたAdWordsが表示される。
 

ユーザーの検索したキーワードが広告主の設定したキーワードと一致した場合、
最大3件のローカルビジネス広告が Googleマップ上に表示される。地図上には
広告テキストやURLのほか、会社名、説明文2行、住所、電話番号、店舗や事
務所に関連する画像などが表示可能だ。
地図のポイントから開く情報画面には、このほかオプションで電話番号や画像が
表示される。

テキスト形式の広告は、Google.comやその他のGoogle検索ネットワークのサイ
トでも自動的に表示され、掲載順位と料金はGoogleで掲載される他のテキスト
広告と同じ方法で決定される。

これまでグーグルは、「ローカルビジネスセンター」という、Googleマップ上に店
舗や事務所の情報を無料で登録できるサービスを提供してきた。ローカルビジ
ネスセンターは引き続き無料で提供するが、「ローカルビジネス広告は、これま
でのAdWordsと同様、広告を表示させるキーワードを設定して使ってもらう。店
舗や事務所と関連したキーワードを増やすことによって、ユーザーとの接点も広
がる」とグーグルでは説明している。

CONTACT US

株式会社プロフェッサはシステム開発・Webサイト制作会社です。
お仕事のご依頼やお困りな事がございましたらお気軽にご連絡ください。


Previous Post

Next Post