百度とMicrosoft、有料リスティング広告で戦略的提携

百度とMicrosoft、有料リスティング広告で戦略的提携

中国の百度と米Microsoftは14日、中国内における有料リスティング広告
サービスに関して戦略的提携関係を結んだと発表した。


合意内容によると、Microsoftは中国内におけるMSN、Live、Microsoft提携
サイトの中で、百度が配信する有料リスティング広告を表示する。12月から
開始される。

百度は中国最大のサーチエンジンであり、Alexaのデータによれば世界で
4番目にトラフィックが多いサイトとして知られる。最近では12月4日に中国
語検索技術で培ってきたノウハウを用いて2007年に日本市場に参入する
ことを表明している。

MSN中国は、中国のポータルサイトでは、シェア5%で第9位と苦戦。
既に同様のサービスを提供する検索サイト大手のGoogleやYahoo!に
対抗するために、今回百度と提携したとみられる。
マイクロソフトは2005年に検索広告配信プラットフォーム「AdCenter」を発表
しているが、今回自社のサービスを利用しなかった理由については明らかに
していない。

CONTACT US

株式会社プロフェッサはシステム開発・Webサイト制作会社です。
お仕事のご依頼やお困りな事がございましたらお気軽にご連絡ください。


Previous Post

Next Post