グーグル、GapminderのソフトウェアTrendalyzerを買収

グーグル、GapminderのソフトウェアTrendalyzerを買収

Googleが米国時間3月16日、GapminderのソフトウェアTrendalyzerを
買収したことを発表した。


Trendalyzerを扱っているチームはGoogleに移籍する。Trendalyzerは地域ごと
の所得分布や世界保健などの情報を視覚的に表すツール。現在、Google Too
lsのページには、世界の1人当たり所得や経済成長率、二酸化炭素の排出量な
どの情報の時系列の推移や地域別のデータをアニメーションで表示するツール
が公開されている。

Gapminderは大学や国際連合の組織や、非政府組織とのコラボレーションの下、
人間社会の発展に役立つフリーソフトウェアを開発、配布する非営利団体。スウ
ェーデンのストックホルムを本拠地としている。同団体のブログには、Googleが
今後Trendalyzerを改良したり拡張したりしながら、統計情報へのアクセスを求め
るユーザーに無償で公開していくと書かれている。
■参照元記事
CNET Japan

CONTACT US

株式会社プロフェッサはシステム開発・Webサイト制作会社です。
お仕事のご依頼やお困りな事がございましたらお気軽にご連絡ください。


Previous Post

Next Post