この会社のスタッフを紹介しますSTAFF

システムのプロだからこそ、システム以外の課題を洗い出せる。 | 取締役 一期崎直寛 取締役 一期崎直寛

取締役一期崎 直寛

出身地 東京都小平市
血液型 B型
趣味

ウクレレ映画鑑賞、料理 読書(漫画、小説)、アニメ鑑賞、ヨガ、
外国の人と単語レベルの英語で会話すること(あまり通じ合わない)
ヨーロッパサッカー鑑賞、ネットサーフィン、ボーっとする

好きなアーティスト 村下孝蔵、チェット・ベイカー、井上陽水、サザンオールスターズ、小林キヨシ、
maroon 5、The Strypes、daft punk
ジャズヒップホップ全般、キングギドラ、鎮座ドープネス、相対性理論 (やくしまるえつこ)、ケツメイシ

 

現在のポジション、役職について教えてください。

この質問になるとよくわからなくなるのですが、ディレクター!なんですかね?

ざっくりやっていることをまとめると お客さんからお問合せを受けて ヒアリングして、提案して、設計して、
たまに自分でも作って、検証して、納品して、保守してって感じですかね。

こんな感じで、やっていることは幅広いんですけど 僕が心掛けていることは、
お客さんの要望・課題から、根本的な部分の解決とシステムで解決できる部分を各お客様に対して
なにが最善策なのかを考え提案することです。

僕はシステムのディレクターなので、課題・要望はシステムが主の内容なのですが 時には
システムでなく人間が悪かったり、社内規則がわるかったりするんですよね。
例えば、システムでパターンがいくつも分かれている場合なんかは 社内ルールが決まってないから
いくつも分岐しちゃって複雑なシステムにしなきゃいけないということとか結構あるんですよ。
なのでシステムだけではなく、全体を見ながらお客様のご要望とシステムを考えるようにはしています。
おかげさまで、僕自身いろんなプロジェクトに関わらさせて頂いて、 その知識が今に生きているし、
お客様のためにもなっているってのは実感としても実際の声としても言ってくださっているので
これからもシステムでお困りな人を全体をみながら解決していきたいです。

 

自分の業務に取り組む際、心掛けていることやこだわりは?

心がけていることはさっき書いちゃったので、 システムを開発するときのこだわりは
自分だけで解決しようとしないということですかね。

自分にも限界がありますし、経験もあるので お客様の要望に対して
自分が最適ではなかったと思ったら別の会社や人材を紹介しますし 紹介できない場合でも
注意ポイントと人材像、経験などを伝えてお客様が探し出せるようにしています。

自分だけで解決しようと無理しても無理しただけ歪みがうまれますし、
プロジェクトもうまくいかないことも多いので、、、だからと言って頑張りすぎないと成長できないですけどねww
なのでバランスを取りながらプロジェクトを解決しようと思っております。

 

そのこだわり、考えに至るまでのストーリーを聞かせてください。

これは入社してから現在までの話になるんですが、

プロフェッサに入社したころは、いろいろわからないことも気合いと根性でなんとかなるだろって考えで
案件をこなしていたのですが、大体のことは解決でき、自分もパワーアップするのでいい感じかなー って
思っていたのですが、ふと自分の立場なんかが変わって違う目線でみるようになり
お客様の立場になったときに、全然お客様のためになってないなーと感じたんですよね。
んま、ちょっとはお客様のためになっているのですが最善とは感じなかったんですよ。

その時に自分とお客様を考えて提案、開発していこうと思ったのがきっかけで それからそのことを考えていくようになってからちょっとずつですが、 お客様の反応とか社内の雰囲気とかよくなっている実感があったので最善には近づいているとは思います。

まだまだ勉強することはたくさんあるのでこれからも考えながら実行していきます。

 

一期崎さんから見たプロフェッサは、どんな会社ですか?

んーーーーーーーーーわからない!!! というか、社内にいるとわからなくなりますよね。

プロフェッサに入るときはシステム会社だっ!会社だっ!社会の一部だっ!!!って感じてました。
途中からは、一会社ではできることとできないことなどの理想と現実の差を人並みに感じて、今は、
まーまー社会に貢献できている会社になっていると思いますww

主旨がちょいとずれてますかねw どんな会社と言われたら、できることを堅実に行う会社! ですかね。
あたりまえですが、できないことはやらないですしできることをやっていきますが、 他とちょいと違うことは、
できないことは認めて自分たちでできることと ほかの会社ならできることっていうのを理解しているところ
ですかね? なんか内容ぐちゃぐちゃですねww

とりあえずプロフェッサにいる人に悪い人はいないです!基本みんないい人です!!!
暴力も働かない、暴言もはかない、盗みをしない、強制的に飲みに連れて行かない、、、、 うん。これですね。
どんな会社か?ANSER:犯罪を犯さない基本的に悪い人はいない良い人が集まっている会社!

 

そんなプロフェッサと他社との違いは何でしょうか?

あまり自分の利益を考えないところですかね。

社内の人に自分の利益重視で仕事をしている人はいないと思います。

もちろん自分のために働きますけど、
仕事でわからないことや不満なんかもちゃんと聞いてくれて、解決を一緒にしてくれる人が多いので、
他人のために考えられる人がおおいところが違いですかね?
ほかの会社に勤務したことがないのでよくわからないですがww

 

一期崎さんにとっての仕事の意識が変わったターニングポイントは?

なんかかっこつけてるようであんまり言いたくないですが、この会社に入ってのポイントは書いたので、
仕事という意識が変わったポイントという観点だと
10代のころにアルバイトをしていた時の店長が若くしてなくなったことがきっかけかもしれません。

その人は夢をもっていて誰よりも働いて、だれよりもつらい仕事を普段からしている人だったんですけど、
その人が病気で余命6か月と宣告されて、でもそれからも変わらず同じ姿勢で働いていたんですよね。
それを死ぬ2週間前にまでつづけていたのをまじかで見ていたので、仕事というのはこのようなことなのか
、、、 なんていえばわからないけど、仕事ってこーゆーことも含まれているのかなと感じてから
もう少しちゃんと仕事をしてみよう!となったきっかけですかね。

 

これからシステム開発(もしくはホームページ制作)を考える方へ一言

システム会社も適材適所ありますし、システム内容に対しての適任もあるかとは思いますが
「ちょいとしたことをシステム化するとどんなことになるのかなー」とか
んてか、「システムってなによ?」という軽い質問でもどんなささいなことでもお力となれれば本望ですので
選定の1つとしてお役立てできればと思います。

 

担当者写真

ホームページ制作やリニューアル、システム開発でお困りの方お気軽にご相談ください。

専門コンサルタントが無料でご相談にのります。

MAILご相談・お問い合わせ

0120-982-292

○電話受付 9:00~18:00 ○定休日 土日祝

※専門のコンサルタントの予定が埋まる可能性があります。打合せの予約だけでもお早めにしていただくことを推奨します。
PAGE TOP