img_post_6821_eyeCtch

Photoshopデザインチュートリアル!ーオブジェクトを水滴風にする加工方法ー

 

おばんです!
デザイナーのひろしです!

はやいもんで、明日はもう4月!
3月4月は都心の人口が最も増加する季節だそうです。
きっと就職なんかで、全国のフレッシャーズが上京するんでしょうね!
自分にもそんな時代があったなーとしみじみ思う次第です。

さて!
最近、Illustratorに関する内容ばかりだったので、
今回は初心に戻って(?)Photoshopについてです!

今回はPhotoshopのチュートリアル!オブジェクトを水滴風に加工する手順をご紹介します!

水滴風加工の手順

1 オブジェクトを描きます

まずは適当にオブジェクトを描きましょう。
水滴ってイメージだと円かなーと思い、円を描きました。

2 ゆがみを付けてより水滴っぽく

オブジェクトをスマートオブジェクトに変換させてゆがみ効果を付けます。

「フィルター→ゆがみ」でウインドウを開き、

適度なゆがみを付けます。

こんな感じでしょうか?

3 レイヤー効果で水滴に

オブジェクトにレイヤー効果を付け、仕上げていきます。

塗りを0%に

べベルとエンボス

シャドウ(内側)

ドロップシャドウ

そうして出来た水滴がこちら!

オブジェクトを増やせば、より一層それっぽくなります!
はい!びちゃびちゃ!

※数値はあくまで目安です。
背景画像などに合わせて、適度に調整してください!

補足 文字も水滴風に

テキストも水滴風に加工することができます!

丸文字系のフォントを使い、ゆがみで調整すればよりそれらしくなります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

なんだか、小さい頃テーブルにこぼした水で字を書いて遊んでいたことを思い出しました。。
実際こぼした水で字や絵を描こうとしたら、結構難しいんです。。。

私がこういう加工を業務で使うことはあまりないのですが、
出来たら楽しいですよね!

少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post