6523

OpenCVで物体検出器を作成する⑦ ~分類器完成~

こんにちは!ザキヤマです。

OpenCVで物体検出器を作成するシリーズも今回で7回目……
ついに分類器完成編です!

前回、
OpenCVで物体検出器を作成する⑥ ~traincascade~
で作成した分類器の結果を見ていきます。

OpenCVで物体検出器を作成するシリーズ、記事一覧はこちら

img_seo_bnr02

使用した画像

今回使用した画像を見てみましょう。

正解画像

今回検出させたいものはこちら!


professalogo

弊社のロゴです。

ロゴの周囲には少し余白を持たせ、今回はシンプルに白の背景のみで検出器を作成。
createsamplesを用い、傾きや回転を加え、50枚分になったベクトルファイルを使いました。

不正解画像

今回の正解画像がロゴなので、Google画像検索でありとあらゆるロゴを入手しました。

1ファイルに1つの画像である必要もないため、
1ファイルに複数のロゴが乗っているものを30枚保存!

サイズもバラバラです。
negフォルダはこんな感じでした。


negfolder

結果

ロゴが乗っているページをパシャリ。
検出をしてみると……

prosDetecr

ピンクの○が検出したポイントです。

ロゴの背景が白っぽい方は無事検出してくれました!
なんだか、検出器に愛着が湧きますね。

でも、ページ上部のロゴは検出してくれませんでした。
検出器を作る際に正解画像に背景の色を変えたものをプラスしてみるといいかもしれません。
または、検出時に物体の大きさを指定するパラメータもあるので、これをいじれば検出できる場合も……。

さいごに

OpenCVで物体検出器を作成するシリーズ、いかがでしたでしょうか。

みなさんも、まずは流れをつかむために簡単な検出器を作成してみてください!

次回、番外編として、よく出るエラーについてまとめたいと思います。

⇒ OpenCVで物体検出器を作成する⑧ ~エラー対処~

img_seo_bnr02

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post