どうすれば相手が興味を持つかを考える=勝利の方程式

スマホSEO 検索順位を上げる基本の基本 !!!

ウェブページのスマホ対応について検索結果に影響されるようになってからもうすぐ1年となりますが、今年2016年3月17日、Googleの公式ブログでは下記のような発表がありました。

Google では昨年より、サイトがモバイル フレンドリーかどうかをモバイル検索でのランキング要素の一つとして使用し始めました。この 5 月からは、当該ランキング要素の効果を高めるアルゴリズムのアップデートを段階的におこなっていきます。

ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み

5月からはさらにモバイルフレンドリーについて強化していくようです。それでは、この発表に対してどのような対応をしていけばよいのでしょうか?

ウェブサイトをすでにスマホ対応をしている方も、まだスマホ対応していない方も、状況別に今後どのような対策をしていけばよいのか、2016年最新のSEO内部対策をご説明いたします。

img_seo_bnr02

モバイルフレンドリーとは

まずは、モバイルフレンドリーについての説明です。
そもそもモバイルフレンドリーとは、ウェブサイトがスマホでも快適に閲覧できる状態になっていることを意味します。

モバイルフレンドリー説明図

たとえば画像のように、モバイルフレンドリーでないPCサイトをスマホで閲覧する場合には、そのままでは文字が小さいのでズームしなければなりません。そして、文字を読むためには1行ごとに横にスクロールしなければ文章は読めません。
これがスマホ対応のサイトであれば、ズームや横にスクロールすることなくスムーズに閲覧できます。

サイトがモバイルフレンドリーかどうかはスマホでの検索結果の表示順位に影響があり、モバイルフレンドリーでないウェブサイトは検索順位が下がる可能性があります。

モバイルフレンドリーの条件

モバイルフレンドリーとみなされるためには、最終的にモバイルフレンドリーかどうかは機械的に判断され、次のような条件を満たす必要があります。

  • Flashなど、一般的にスマホで見れないコンテンツがないこと
  • 読みやすいテキストサイズであること
  • 横のスクロールやズームが必要ないよう、コンテンツの横幅がスマホの画面サイズと一致していること
  • リンクなどが簡単にタップできるような配置になっていること

PCでウェブサイトを閲覧しているときでも、文字を拡大する必要があったり、特別なソフトをインストールしなければ見れなかったり、縦横にスクロールしなければ内容が確認できないサイトは見にくいですよね。
これと同じようにスマホでウェブサイトを閲覧する際にも、特別な操作が必要なくスムーズに閲覧できるウェブサイトにしましょう!ということです。

モバイルフレンドリーの確認方法

モバイルフレンドリーかどうかは、とっても簡単に確認できます。

Googleのモバイル フレンドリー テストで自社ウェブサイトのURLを入力し、分析ボタンを押すだけでテストできます。

このページはモバイル フレンドリーです。

「問題ありません。 このページはモバイル フレンドリーです。」と表示されれば、Googleにスマホ対応であると認識されていることになります。

モバイル フレンドリーではありません

「モバイル フレンドリーではありません」と表示された場合、スマホ対応でないか、またはGoogleがうまくスマホ対応のページを認識していません。
表示された確認するべき項目にそって、しっかり設定ができているか確認してみましょう。

※2016年5月10日追記
モバイルフレンドリーのテストツールが新しくなったようです。
Search Console モバイル フレンドリー テスト
今のところ機能は変わっていないようですが、デザインが一新されています。

Googleに認識されていない場合

スマホ対応しているのにも関わらず、モバイルフレンドリーテストで上手く認識されていない!という場合は、こちらの記事をご覧ください。「スマホサイトを作るときに気をつけたいこと」に書かれている検索エンジンにスマホページの存在を伝える方法について、とてもわかりやすく書かれています。

スマホ専用の検索ランキングってあるの?スマホSEO対策の基本をマル – http://liginc.co.jp/web/seo/133464

スマホ対応のアップデートに向けてするべきこと

まだスマホ対応していない場合

まだスマホ対応のウェブサイトになっていない場合や、まだ一部しか対応できていない場合には、まずはスマホでのアクセスがあるかどうか?を確認してみてください。
スマホ経由で訪れているユーザ数の確認方法は下記記事をご覧ください。

お問い合わせ件数を増やすポイント!スマホ経由で訪れているユーザ数を知る
お問い合わせ件数を増やすポイント!スマホ経由で訪れているユーザ数を知る
「BtoBだから、スマホからサイトを見てお問合せがくる事はない」 と思っている担当者様! スマホ対応にするかどうか検討する際、GoogleAnalyticsでスマートフォン経由で訪れている

スマホからあなたのウェブサイトへ訪れる人が多い場合や、少なくてもコンバージョンへつながる可能性がある場合、ターゲット層がスマホを使っている場合には、早急にスマホ対応をしていきましょう。

モバイルフレンドリーについては5月以降も段階的に強化されるようなので、できるだけ早めに対応していきたいですね。
対応しなければ、スマホでの検索結果の順位が落ちてアクセス数が減ることでコンバージョンにも影響するかもしれません。

ただし現在発表されている情報では、PCでの検索結果への影響はないと言われています。そのためスマホからの流入が全く必要がない場合は、いまのところスマホ対応する必要はありません。
あなたのウェブサイトの状況や目的に合わせて対応していきましょう。

ただし、今後スマホでの流入は増えていくことが予想できます。スマホからのアクセスでコンバージョンにつながっていないように見えても、スマホで見た後にPCでアクセスするような場合もあります。
今後に備えスマホ対応することは視野に入れておきましょう。

スマホ対応にする方法

Word Pressなどを利用している場合には、レスポンシブデザインのテーマを適用したり、プラグインを利用することでスマホ対応のウェブページが簡単に生成できる場合もあります。

また、WEBサイトをスマホ用に変換したHTML,CCSを生成してくれるようなサービスもありますので、簡易的にスマホ対応をする場合にはこのようなサービスを利用してみてもよいでしょう。

自分でスマホ対応するには、HTMLとCSSを書き換える必要があります。具体的な変更方法は、下記の記事がわかりやすく、丁寧に説明されていました。

一番簡単な、Googleモバイルフレンドリー対応の方法 – http://www.wakatta-blog.com/mobile-friendly-easy.html

すでにスマホ対応している場合

すでにスマホ対応している場合、今回のアップデートで検索順位が下がってしまう、ということはなさそうです。公式ブログでは、以下のように書かれています。

サイトがすでにモバイル フレンドリーである場合は、今回のアップデートによる影響はありません。

ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み

スマホ対応していてもGooglebotがスマホ用のページを認識していない可能性もあるので、一度自社のウェブサイトがモバイルフレンドリーとしてみなされているかどうかを確認してみましょう。

Googlebotに認識されているからといって、安心してはいけません。スマホでもPCでもユーザが見やすいウェブページにすることが今後のSEOに繋がります。

これからのSEO対策として大事なこと

モバイルフレンドリーのアップデートへの対策について述べましたが、 SEOの対策としてはモバイルフレンドリーかどうか?がすべてではありません。

なお、検索クエリの意図は引き続き重要なランキング要素となります。そのため、モバイル フレンドリーではなくてもページのコンテンツの質が高ければ、関連性の高い優れたコンテンツとして今後もランキングされることがあります。

ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み

ユーザが検索する意図、「ユーザが必要としている情報に応えるコンテンツ」であることも重要で、モバイルフレンドリーかどうかだけが検索順位を決めるわけではないということです。
ユーザがどんな意図で検索しているのかを判断するために、検索キーワードの文脈から検索結果が変わるようにな仕組みになっています。この検索意図の仕組みにより、ユーザが探しているコンテンツと合致していると判断されると、スマホ対応のサイトよりも上に表示されます。 また、コンテンツが良ければモバイルフレンドリーに対応する必要がないのか、というとそういうことでもありません。

最終的にSEO対策する上で一番重要なことは、ユーザによりそったウェブサイトを作ることです。
ウェブサイトの見やすさ・求めるコンテンツを提供することが、ウェブサイトのアクセス・コンバージョンの達成につながることになります。

さいごに

5月から強化されるスマホ対応について、いかがでしたでしょうか。

重要なことは、ユーザが求める情報をわかりやすく提供することです。
ウェブサイトがスマホでも見られるならば早急にスマホ対応しましょう!

「スマホ対応するべき?」「スマホ対応したいけどどうすればよいのかわからない!」という方は、下記からお気軽にご相談ください。

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post