「スマホ対応」していないと検索順位が落ちる?!

「スマホ対応」していないと検索順位が落ちる?!

すでにWebサイトのスマホ対応は待ったなし!
今までは、ユーザビリティやコンバージョン率アップを視野に実施していたモバイル対応。これからは、SEOの観点からも必須になります。

Googleが発表したMobile-friendly(モバイルフレンドリー)について紹介いたします。

※2016年4月8日追記
2016年5月からはさらにモバイルフレンドリーについて強化していくという発表がありました。これについては下記記事をご覧ください。

スマホSEO 検索順位を上げる基本の基本 !!!
スマホSEO 検索順位を上げる基本の基本 !!!
ウェブページのスマホ対応について検索結果に影響されるようになってからもうすぐ1年となりますが、今年2016年3月17日、Googleの公式ブログでは下記のような発表がありました。 Google

検索結果に「スマホ対応」

スマホ対応のラベル

Googleは2014年11月、スマホでの検索結果の表示方法を変更しました。スマートフォン対応しているWebサイトには、「Mobile-friendly」と表示されます。日本では12月に導入され、「スマホ対応」と表示されるようになりました。

そして、2015年4月21日からは「スマホ対応」かどうかがランキングに影響します!

検索結果に大きく影響!

スマホ対応かどうかという点が、SEO上とても大きく影響するようです。

will have a significant impact in our search results

Google Webmaster Central Blog

Googleのオフィシャルブログでは、“significant”(重要な/意義深い/著しい)
といった強い表現で影響度を表しています。
「◯%に影響する」といった説明はないため、今回の具体的な影響度合は不明ですが、今後、影響はさらに大きくなりそうです。

モバイルフレンドリーかどうか確認するには

モバイルフレンドリーテストの画面

モバイルフレンドリーテストから、Webサイトがスマートフォン対応になっているかどうか確認することができますので、確認してみましょう!

トップページだけでもモバイル対応に!

もしWebサイトがモバイルフレンドリーでなかったとしても、いきなりWebサイトを一新するわけにもいかない……という場合もありますよね。現時点では、スマートフォン対応のページがトップページのみだったとしても、モバイルフレンドリーのサイトとみなされます。

まだスマホ対応できていない場合、早急な対応が必要です。

さいごに

これからはスマホ対応がSEOの観点からも重要となります。
抜本的な対策は遅れるとしても、トップページだけでもモバイル対応にしておくことが簡易的な対策となります。それでも、トップページのスマホ対応はあくまで応急処置であることを忘れないでください。

GoogleAnaryticsやスマホ対応でお困りな方は、下記からお気軽にご相談ください!

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Next Post