SEOとリスティング広告を比較!集客するにはどっちがいいの?

集客するにはどっち?「SEO」と「リスティング広告」を比較!

早いもので、4月からあっという間に半年が経ちましたね~。今後更にお問合せを増やすのにどうしたらよいか、自社のウェブサイトを管理しているご担当者様の中には頭を悩ませている方も多いかと思います。

「お問合せ件数を増やしたい。」
「もっと集客したい。」
「集客するのに何から手を付ければよいのかわからない。。。」

という課題は業種問わずよく耳にします。「SEO」「リスティング広告」という集客方法を聞いた事がある方がほとんどだと思いますが、それぞれのメリット、デメリット、特徴などあまりよくわからなかったりしますよね。実際に、「リスティング広告を活用するべきか、SEOをやるべきか、、、」と悩む人は多いです。

リスティング広告、SEOの違いと導入の具体例、新規お問い合わせ獲得のポイントを説明いたします。

知らないと損するリスティング広告とSEOの違いとは?

20151009_semlisting

皆様すでにご存知の方も多いかと思いますが、リスティング広告とSEOはそもそも検索結果で表示される場所が違います。

リスティング広告は検索結果の上部、または右部に表示される広告です。

SEOはリスティング広告枠の下に表示され、検索結果の上位10位のうちできるかぎり上位に表示させるための施策です。

短期で成果を求めるならリスティング広告

気になることの一つとしては、効果があわられるスピード。今すぐにでもお問合せを増やしたいという場合も多いですよね。そういった場合は、リスティング広告をおすすめ致します。広告出稿日からすぐに検索結果に表示されるようになります。ちなみに、広告出稿代行会社に外部委託した場合は、最低でも2週間くらいは見ておいた方が良いです。

SEOは上位表示にするまでに3~6ヶ月とある程度の時間がかかるなど、即効性はありません。

また、リスティング広告はクリックされるたびに費用がかかります。出稿をやめた場合は、すぐに表示されなくなります。

SEOは時間と初期コストがかかりますが、上位表示されても基本的に運用面ではコストはかかりません。また、一度上位表示されれば多大なクリック率が見込めるうえ、常に露出されることによるブランディング効果を得ることもできます。

20151009_listing

どちらの方が効果が高いの?

お問い合わせを待つ人

やはり気になるのは費用対効果ですよね。どちらがよいかといいますと、正直ケースバイケースです。目的や御社の扱っているサービスや商材によって使い分けることをおすすめします。

扱っている商品が1つのみの場合

扱っている商品がオリジナル商品1つのみだった場合。この場合は、リスティング広告での集客がおすすめです。
1つの商品だけだと用意できるコンテンツが限られていることも多く、検索エンジンから評価を得にくいため、SEOだけ実施していても集客のできる可能性は低くなります。リスティング広告ならコンテンツ量に左右されず集客・販売へ結び付けられます。

コンテンツが大量にある場合

先ほどとは対照的に、コンテンツが大量にあるウェブサイトの場合は、サイト内のSEOをしっかりと行うことで上位表示を狙うことができるでしょう。

一般的な企業サイトの場合

また、一般的な企業サイトなど、受注へつながるキーワードで最大に露出させるためには両方とも実施したほうがいい場合もあります。両方実施する場合には、リスティング広告ですぐに成果を出しながら、そこで得た情報を長期的なSEOに役立てる事もできます。

現状把握が一番重要

ここまで、SEOとリスティング広告の比較をしてきましたが、どちらの方法も使い方次第でWebプロモーションの強い武器となります。誰に何を売るのか、コンテンツをどれだけ保有しているか、どれくらい検索されているかなどによって、何を優先さればいいかが変わってきますよね。

一般的な企業サイトでは、お問合せをゴールとしているケースがほとんどです。集客がうまくいけば、お問合せは増えるのでしょうか?極論ですが、もし借りにサイトの成約率が0%だったとしらたら、いくら集客したところでお問合せ件数は0ですよね。お問合せ件数は「集客(アクセス数)」×「サイトの成約率」になります。

そもそものアクセスがないのか、アクセスがあるけどお問い合わせがないのか。現状把握が重要だという事がわかりますね。

新規お問合せ獲得の改善ポイント!

すごくシンプルに考えれば、新規お問合せ獲得の改善ポイントは

「アクセス数を増やす」
「成約率を改善する」

この2点に集約されるのです。また、成約率が低いとなれば、ネット集客を実施する前に、リニューアルをお勧めする事もございます。
「アクセス数がある」「サイトの成約率がある」という判断が難しい場合は、お気軽にご相談下さい。

さいごに

いかがでしたか?ここまで書いてきたことは、WEBマーケティングを実践している方には当たり前かもしれません。また、現在では、FacebookやTwitterなどSNSを利用した新しい集客方法もあります。場合によってはとても利用価値のある方法ですし決して悪いとはいいません。しかし、まずはしっかりと基本から始めることが重要です!

ネット集客をご検討の方は、まずはご相談からお気軽にお問い合わせください!

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post