ウェブサイト集客でソーシャルメディアを利用するメリット・デメリット

ウェブサイト集客でソーシャルメディアを利用するメリット・デメリット

ウェブサイトのアクセス数を増やしたい!
SEO対策、広告出稿…他の集客方法も導入したい!

という方、ソーシャルメディアを活用した集客方法はご存知ですか?まずはソーシャルメディアでの集客について、メリット・デメリットを確認していきましょう。

ソーシャルメディアを利用するメリット4つ

1.費用なしで、手軽に続けられる

予算がなくても、ほとんどのSNSでは無料で問題なく利用できます。投稿などにかける時間は別ですが、初期費用・運用コストをかけずに集客ができます。

また、FacebookやTwitterなどのSNSでは、長文よりも、「短文+目を引く画像」のほうが反応が良いため、長文を考える必要はありません。短文でいいので、手軽に投稿ができます。

2.コミュニケーションが取りやすい

ウェブページやブログでは、気軽なコミュニケーションは取りづらいですよね。SNSでは情報発信をするだけでなく、ユーザとコメントをやり取りしたり、要望を得たり、コミュニケーションがとりやすいです。また、そのコミュニケーションの場面は他のユーザにも見えるため、コメントをしないユーザでもよりあなたの企業、商品について知ることができ、信頼にもつながります。

3.ブランディング効果

集客だけではなく、企業について知ってもらうためのツールにもなります。ためになる情報を発信したり、企業の内面について投稿することで、ブランディング向上させ、信頼度を上げることもできます。

また、あなたが発信した情報に興味を持ってくれるユーザが「フォロー」してくれたり、「いいね」をしてくれます。このユーザをファンと呼びます。ファンができると、そのファンに向けて、またそのファンとつながりのあるユーザにも情報を届けることができます。

4.タイムリーな情報発信ができる

メールを書くように、投稿をするだけで情報発信ができるので、ウェブサイトを更新するよりも手軽です。また、タイムリーに情報をユーザに届けることができるだけではなく、ユーザもタイムリーに情報を受け取ることができます。

ソーシャルメディアを利用するデメリット2つ

1.カスタマイズ性が低い

利用するSNSのインターフェースと機能を利用することになるため、独自のページを作ったり、レイアウトを自由に変更することはできません。しかし、他の企業との差別化よりも、ユーザとのコミュニケーションがSNSを利用する際に大事なポイントとなので、見た目をカスタマイズする必要はあまりないのです。

2.こまめな運用が必要

投稿してそのままで効果絶大というわけではありません。どのような効果がでているか、効果がでていないのかを確認し、ターゲットは誰なのか、どのようなファンがいるのかを調べ、効果の出る投稿をしていきましょう。効果がでていても、ずっと同じような投稿では効果が出なくなる場合もあります。効果を出すためには、こまめに運用することが重要です。

さいごに

ソーシャルメディアでの集客について、いかがでしたか?
それぞれにメリット、デメリットがあります。「目的」にあっているか?を見極めて、サービスを活用していきましょう。また、つくりっぱなしではなく、効果を見て、こまめな改善を続けることが大事です。

どのようなSNSがあるのか、それぞれのSNSについてはこちらの記事をご覧ください。

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post