Googleアナリティクスで別ドメインを1つのサイトとして計測する方法

Googleアナリティクスで別ドメインを1つのサイトとして計測する方法

複数のドメインにまたがったウェブサイトを「ひとつのウェブサイト」としてアクセス解析を行う場合にはクロスドメイントラッキングの設定が必要です。

この記事では、クロスドメイントラッキングとは何か、どんな場合にこの設定が必要なのか、設定の手順を説明していきます。

img_seo_bnr02

クロスドメイントラッキングとは

ドメインが別になっているときの計測の説明

Googleアナリティクスでのアクセス解析は、ドメインごとに計測される仕組みになっています。ドメインが異なるページへ遷移するとセッションが途切れ、その遷移については関連のない別のウェブサイトへのアクセスとして計測され、レポートにも表示されません。

これを同じウェブサイトの同じ訪問者によるアクセスであると認識するためには、トラッキングコードをカスタマイズする必要があります。これをクロスドメイントラッキングの設定といいます。

クロスドメイントラッキングの説明

これを設定することで、複数のドメインにわかれるウェブサイトでも1つのウェブサイトとしてレポートを見ることができます。

どういうときに使うの?

フォームを別のドメインで作っていたり、ショッピングカートなどのレンタルサービスを使用していたりする場合で、これを1つのウェブサイトとしてアクセス解析するときに設定が必要になります。

ドメインが同じ場合やサブドメインを使用している場合はトラッキングコードの変更は必要ありませんので、次を参考にドメインを確認してください。

ドメインの確認

同じドメイン

  • pro-s.co.jp
  • pro-s.co.jp/blog/
  • pro-s.co.jp/news/

⇒すべて同じドメイン「pro-s.co.jp」のウェブページなので、特別な設定は必要ありません。

サブドメイン

  • pro-s.co.jp
  • blog.pro-s.co.jp
  • news.pro-s.co.jp

⇒下の2つはルートドメイン「pro-s.co.jp」に対するサブドメインです。このようなサブドメインの場合はトラッキングコードを変更する必要はありません。3.フィルタの設定のみ行いましょう!

複数のドメイン

  • pro-s.co.jp
  • cart-pros.co.jp
  • professa.co.jp

⇒それぞれ別のドメインです。このような複数のドメインを1つのサイトとしてアクセス解析を行う場合は、クロスドメイントラッキングの設定を行いましょう。

ユニバーサルアナリティクスの確認

今回ご説明するのは、ユニバーサルアナリティクスでのクロスドメイントラッキングの設定方法です。どちらかわからない場合はここで確認をしてみてください。

また、これから新しくプロパティを作成する場合はユニバーサルアナリティクスになっていると思いますので、次のクロスドメイントラッキングの設定方法に進んでください。

ユニバーサルアナリティクスかどうか確認する

ユニバーサルアナリティクスと旧アナリティクスの確認方法

ユニバーサルアナリティクスかどうか確認するには、トラッキングコードにかかれているトラッキングIDの部分を確認してみてください。

ユニバーサルアナリティクスの場合は「ga(~」、旧バージョンのアナリティクスの場合は「_gaq.push(~」と書かれています。旧アナリティクスの場合は設定方法が異なるので注意してください。

トラッキングコードはHTMLに設置したコードを見るか、下記から確認できます。

アナリティクス設定>プロパティ>トラッキング情報>トラッキングコード

クロスドメイントラッキングの設定方法

それでは、設定を行っていきます。
クロスドメイントラッキングを設定するには、トラッキングコードの編集と設定を2つ行う必要があります。手順にそってご説明していきます!

1.トラッキングコードを変更

次の2つのドメインをまとめて計測するとします。

  • pro-s.co.jp
  • cart-pros.co.jp

変更前のトラッキングコード

トラッキングコードを書き換える前は、次のようなトラッキングコードとなっています。

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-000000-1', 'auto');
  ga('send', 'pageview');

</script>

変更後のトラッキングコード

次の水色の部分を追加します。また、赤字部分のドメインはそれぞれトラッキングコードを配置するページ以外のドメインを記述します。

pro-s.co.jpの場合

もうひとつのドメイン、今回の例では「cart-pros.co.jp」を指定します。

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-000000-1', 'auto', {'allowLinker': true});
  ga('require', 'linker');
  ga('linker:autoLink', ['cart-pros.co.jp']);
  ga('send', 'pageview');

</script>

cart-pros.co.jpの場合

もうひとつのドメイン、今回の例では「pro-s.co.jp」を指定します。

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-000000-1', 'auto', {'allowLinker': true});
  ga('require', 'linker');
  ga('linker:autoLink', ['pro-s.co.jp']);
  ga('send', 'pageview');

</script>

3つ以上設定する場合

さらに別のドメインがある場合はカンマで区切って複数記述しましょう。

  ga('linker:autoLink', ['cart-pros.co.jp','professa.co.jp']);

アクセス解析を行うすべてのページでトラッキングコードを書き換えましょう。
書き換えが完了すれば、クロスドメインの設定は完了です!
次に、正しく計測するための2つの設定をしていきましょう。

2.参照元除外リストの設定

クロスドメインの設定をしただけでは、参照元の情報を見たときにこの別のドメインからの遷移が流入として記録されてしまいます。
下記設定を行って、流入として記録されないようにしましょう!

参照元除外リストを設定する

アナリティクス設定>トラッキング情報>参照元除外リスト

+参照の除外を追加をクリックする

+参照の除外を追加から、同一のサイトとして扱うドメインを1つずつ追加します。

ドメイン名を入力する

設定するドメインを入力して、作成を押します。

参照元除外リストに追加されている

参照元除外リストに追加されていれば設定完了です!これで流入元に設定したドメインが表示されなくなりました。

3.フィルタの設定

次に、正しく計測するためのフィルタの設定をしていきます。
通常、レポートに表示されるURLはドメイン以下ですよね。クロスドメイントラッキングを設定したりサブドメインも一緒に計測をしていると、ファイル名が同じページは区別できず一緒に集計されてしまいます。例えば「pro-s.co.jp/index.html」も「cart-pros.co.jp/index.html」も、同じ「index.html」として一緒に集計されてしまいます。これを回避するため、フィルタの設定でURLの表示方法を変更します。

フィルタ機能でURLを一意にする

アナリティクス設定>フィルタ

+フィルタ追加を押す

+フィルタを追加からURLの表示方法を変えるフィルタを作成します。
下記の設定をしましょう!

カスタム、詳細
フィールドAを入力

新しいフィルタを作成します。フィルタ名は、「URLにドメインを表示」などフィルタの設定内容がわかりやすいものを設定しましょう。

新しいフィルタを作成
カスタム・詳細を選択

カスタム詳細を選択します。

フィールドAを入力

フィールドAは、ホスト名を選択し、(.*)と入力します。

フィールドBを入力

フィールドBには、リクエストURIを選択し、(.*)と入力します。

Aとbを組み合わせる

出力先には、リクエストURIを選択し、$A1$B1と入力します。

上3つにチェックマークを入れる

フィールドA、Bを必須、出力フィールドをオーバーライドを選択します。
設定できたら、保存を押してURLの表示設定は完了です!

さいごに

クロスドメイントラッキングの設定方法はいかがでしたか?
トラッキングコードの変更と、2つの設定はできましたでしょうか。

すこし手間がかかりますが、この設定を行うことでGoogleアナリティクスで別ドメインを1つのサイトとして計測することができます!
Googleアナリティクスを導入して、最初に設定したい項目の1つです。1つのサイトでドメインが違う場合は、忘れずに設定をしましょう。

img_seo_bnr02

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post