(not provided)とは?キーワードにでてくる5つの表記を解説!Googleアナリティクスの見方

【not set】キーワードに出てくる(英語)って何?not provided、not set、content targetingなど5つの表記を解説!Googleアナリティクス

Googleアナリティクスで検索キーワードを調べていると、ディメンションにこんなキーワードがでてきませんか?

(not provided)、(not set)、(content targeting)、(remarketing / content targeting)、(*)

とくに、最近は(not provided)をよく目にします。
この記事では、どんなときにこのような表記で計測されるのかそれぞれの意味をご説明いたします!
また、(not provided)の対策についてもここでご説明いたします。

検索キーワードの調べ方はこちらの記事でご紹介しています!

あなたのウェブサイトへの検索キーワードを調べる方法!Googleアナリティクスの使い方
あなたのウェブサイトへの検索キーワードを調べる方法!Googleアナリティクスの使い方
検索エンジンからあなたのホームページに来る人は、どんなキーワードで検索してやってくるのでしょうか? Googleアナリティクスで検索ワードを調べる方法と、このキーワードから分析する方法をご説明い

(not provided)とは?

SSL対応のウェブサイト

例えば、GoogleはSSL(情報の暗号化)を導入しているので、URLが「https://~」となっていますよね。
SSLサイトから非SSLサイトへ遷移するときにはリファラー(参照元)が受け渡されないために、検索キーワードは取得できません。
そのため、GoogleなどのようにSSL対応している検索エンジンからの訪問は(not provided)として集計されます。

(not provided)対策 Search Consoleを連携する

キーワードの多くが(not provided)として計測されてしまいますが、Google検索でのキーワードは調べる方法が用意されています。

GoogleアナリティクスとSearch Console(サーチコンソール)を連携することで、Googleでの検索結果に何回表示されたか?、何回クリックされたか? を調べることができます。

GoogleアナリティクスとSearch Consoleを連携する

集客>検索エンジン最適化>検索クエリから、
Search Consoleを連携している場合は、検索クエリを確認できます。
連携がまだ済んでいない場合には、ここからデータの連携設定を行うことができます。

これで、(not provided)として表示されてしまっていたキーワードも確認することができます!

(not set)とは?

リダイレクト(あるページから自動的に別のページへ飛ばすこと)でやってきた場合など、キーワードが取得できなかったときに計測できなかったデータとして(not set)が集計されます。
どうしてもこの数値を表示させたくない場合は、フィルタで除外することもできますが、必須の設定ではありません。

(content targeting)とは?

Google AdSenseを設定していると、この広告からのアクセスが(content targeting)として計測されます。

(remarketing / content targeting)とは?

Google AdSense広告からのアクセスで、さらにリマーケティングによるアクセスの場合(remarketing / content targeting)として計測されます。

(*)とは?

Google Adwordsの商品リスト広告からの訪問が(*)として集計されます。

まとめ

キーワードに出てくる5つの表記の意味はお分かりいただけましたでしょうか。
ここでもう一度まとめると……

(not provided):SSLによってキーワードが計測できなかった
(not set):リファラーが取得できずキーワードが計測できなかった
(content targeting):AdSense広告からのアクセス
(remarketing / content targeting):リマーケティングからのアクセス
(*):商品リスト広告からのアクセス

となります。
(not provided)以外については、不自然な数値でない限りとくに気にする必要はありません。
最近数値の多い(not provided)についてキーワードを確認したい場合は、Search Consoleを連携をしてみましょう!

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post