自社ページのアクセス解析をはじめる!Googleアナリティクスの設置方法

自社ページのアクセス解析をはじめる!Googleアナリティクスの設置方法

あなたは自分のウェブサイトの現状を把握するためにアクセス解析ツールを使っていますか?ウェブサイトの効果測定、現状把握には必須のツールですよね。
もし、アクセス解析ツールを導入していないのであれば、今すぐ導入しましょう!

今回は、Googleアナリティクスでできることから導入までを説明していきます。

Googleアナリティクスとは

googleanalytics1

http://www.google.com/analytics/

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。
無料版(スタンダード)、有料版(プレミアム)がありますが、無料版だけで十分に活用できます。

有料版のほうがサポートが手厚く、またデータの処理速度が速いといった違いがあります。詳しい機能の違いについては、プレミアムの機能ページで比較・説明されています。

Google アナリティクスのスタンダード サービスとプレミアム サービスの違いについて – https://www.google.com/intl/ja_ALL/analytics/premium/features.html

どんな情報が取得できるの?

Googleアナリティクスを導入すれば以下のようなことが調べられ、ほかにもさまざまな情報を取得できます。

  • サイトにどれくらいアクセスがあるのか
  • どのページに、どれくらいアクセスがあるのか
  • どんな順路でサイトをみて、どこで離脱したのか
  • どこからサイトに来たのか
  • どのSNSからサイトに来たのか
  • どのデバイスでサイトを見ているか(PC・スマホ・タブレットの割合)
  • どれくらいのひとがサイトのゴールにたどり着いたのか(コンバージョン率)

など。

今回は導入編なので、数値の見方などには触れませんが、このような情報からサイトの強みや改善点を分析することができます。

Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクスを利用する際に必要なものは、Googleアカウントと、アクセス解析をしたいウェブページだけ!Googleアナリティクスのアカウント作成の手順を説明していきます。

Googleアカウントにログイン

まずは、Googleアナリティクスのアカウントを作成する前に、Googleアカウントにログインしておいてください。Googleアカウントをお持ちでなければ、まずはGoogleアカウントを作成しましょう。

Googleアカウントの作成 – https://accounts.google.com/signup?hl=ja

Googleアナリティクスのアカウントを作成

googleanalytics2

http://www.google.com/analytics/

上記GoogleAnalyticsのトップページから、アカウントの作成をクリックします。

signup

お申込みをクリックします。

CreateAccount

ここでサイトの基本情報を入力していきましょう!難しいところはありませんが、下記を参考にしてください。

CreateAccount1

トラッキングの対象は、アクセス解析を行う対象です。今回はウェブサイトを選択しましょう。

CreateAccount2

アカウント名は、Googleアナリティクスを利用する際のアカウント名を入力します。
会社名や、個人名を入力しましょう。いくつかサイトを持っている場合でも、このアカウント内で「プロパティ」を分けて個別で管理することができます。

CreateAccount3

ウェブサイト名は、アクセス解析を行うウェブサイト名を入力します。

CreateAccount4

ウェブサイトのURLには、アクセス解析を行うウェブサイトのトップページのURLを入力します。

CreateAccount5

業種では、ウェブサイトに当てはまる業種を選びます。

CreateAccount6

レポートのタイムゾーンは、日本を選択しましょう。

CreateAccount7

データ共有設定は、アクセス解析のデータをGoogleと共有するかどうかの設定です。基本的には、そのままの設定で問題ありません。

CreateAccount8

サイト情報が入力できたら、トラッキングIDを取得をクリックしましょう!
利用規約が出てきますので、確認したら同意するをクリックしてください。

これでGoogleアナリティクスのアカウントが作成できました!

「トラッキングID」とは?
解析データが送信されるとき、GoolgeAnalyticsがアカウントを特定するためのID。

ウェブページに設置する

Googleアナリティクスアカウントが作成できたら設置をしていきましょう!
解析を行うすべてのページにトラッキングコードを記述して設置をします。記述されていないページにアクセスがあっても計測されません。

「トラッキングコード」とは?
ウェブサイトからデータをGoogleアナリティクスに送信するためのJavaScript。

設置前にドメインを確認する

トラッキングコードを設置する前に、計測を行いたいウェブサイトのドメインを確認しましょう!運営しているウェブページのドメインはすべて同じでしょうか?ブログは別のサービスを利用しているという場合や、ショッピングサイトを運営している場合などでもドメインが違う場合があります。

複数のドメインにまたがるウェブサイトを1つのサイトとして計測する場合、これから記述するトラッキングコードを変更する必要があります。変更をしておかないと、他のドメインを計測することができませんので、注意してください!

ドメインの確認とトラッキングコードの変更方法についてはこちらをご覧ください!

Googleアナリティクスで別ドメインを1つのサイトとして計測する方法
Googleアナリティクスで別ドメインを1つのサイトとして計測する方法
複数のドメインにまたがったウェブサイトを「ひとつのウェブサイト」としてアクセス解析を行う場合にはクロスドメイントラッキングの設定が必要です。 この記事では、クロスドメイントラッキング

トラッキングコードの確認

ドメインを確認できたら、設置するトラッキングコードを確認しに行きましょう!

trackingcode

アナリティクス設定>トラッキング情報>トラッキングコード
からトラッキングコードを確認できます。

created

「ウェブサイトのトラッキング」に書かれているコードをまるっとコピーしましょう。
<script>から</script> まですべてコピーします。)

ウェブページに記述

html

ウェブページのソースコードの </head> の前に、先ほどのトラッキングコードを記述します。複数ページがある場合は、すべてのソースコードに記述しましょう。
記述ができれば、設置完了です!

WordPressの場合は

wpheader

WordPressでは、「header.php」の</head>の前に記述します。
WordPressの管理画面から、外観>テーマの編集>テーマヘッダー から編集可能です。

設置の確認

設置がうまくできているか確認しましょう。確認する方法を2種類紹介します。

設置できていないようであれば、トラフィックコードが正しく記述できているか、記述したファイルがアップロードされているか確認してみましょう。

リアルタイムレポートを見る

realtimeReports

レポート>リアルタイム>サマリー から、リアルタイムレポートをみてみましょう。設置ができていれば、ここにデータが表示されます。

トラッキングコードのステータスを見る

status2

アナリティクス設定>トラッキング情報>トラッキングコード から、ステータスを確認します。設置できている場合、「トラフィックデータを受信しています。」と表示されます。

忘れてはいけない設定―IPアドレスの除外設定

会社で固定IPを使っている場合などは、フィルタ機能で自社からのアクセスを除外する設定をしましょう!一番アクセスする機会が多い人は自社の人である場合が多いですが、これは必要のないデータなので除外しましょう。設定をすることで、ユーザからのアクセスのみを計測することができます。

アクセス解析のフィルタを設定する

filter1

アナリティクス設定で、ビューがすべてのウェブサイトのデータになっていることを確認し、フィルタを選びます。

filter2

フィルタの追加をクリックします。

filter3

以下を参考に、記述していきましょう。

filter3-1

フィルタ名は、フィルタの設定内容がわかる名前を入力します。今回は自社IPアドレスを除外するフィルタを作成するので、自社IP除外と入力しました。

filter3-2

フィルタの種類は、カスタムを選択します。

filter3-3

カスタムフィールドは、IPアドレスを選択します。
フィルタパターンに除外したいIPアドレスを入力しましょう。

filter3-4

入力がおわったら、保存をクリックして設定完了です!
ビューを追加する際には、また同じように設定しましょう。

さいごに

Googleアナリティクスの設置はできましたでしょうか?まずはウェブサイトの現状を把握するところからはじめ、ウェブサイトの強みや改善点などを分析していきましょう。
今回設置したGoogleアナリティクスを使って簡単にコンバージョンを測定することもできますよ!

Googleアナリティクスを導入したら初期段階で導入しておきたいコト、「コンバージョンの測定」については、こちらの記事をご覧ください。

コンバージョン測定をする!Googleアナリティクスの基礎
コンバージョン測定をする!Googleアナリティクスの基礎
アクセス解析を導入した後にはすぐにコンバージョンの測定を始めましょう! ウェブページの目標が達成された数をしっかりと記録することで、ウェブサイトの効果を数値で把握することができます。
CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post