分析をしたいならセグメントを使う!Googleアナリティクスの基礎

分析をしたいならセグメントを使う!Googleアナリティクスの基礎

この記事では、Googleアナリティクスをはじめたばかりの方向けに、セグメントって何?どうやってつかうの?といったことを説明していきます!

セグメントとは?

segment

セグメントとはそもそも、部分、区分、分けるといった意味があります。

Googleアナリティクスでは、セグメントはあるユーザごと・セッションごとで絞り込みできる、分析をする際には欠かせない機能です。
例えばスマホで見たセッションだけを絞り込んだり、ある手順でページを見たセッションだけに絞り込んだりと、グループに分ける感覚でデータを表示できます。

詳細に分析をするには、見るデータがどんなユーザのものなのかを把握する必要があります。セグメントを利用して分析の単位を絞り込むことで、さまざまな角度から必要な情報だけを見られます。

セグメントを設定する手順

googleanalytics-segment01

レポートを表示し、「+セグメント」をクリックすることで、セグメントの一覧が表示されます。セグメントを選択して「適用」を押すことで、レポートに反映されます。

googleanalytics-segment02

セグメントは4つまで複数選択して表示させることができます。

また、標準で用意されているセグメント以外にも自分で条件を指定したセグメントを作成したり、他の人とセグメントを共有することもできます。

セグメントを自分で設定する

自分で条件を指定したセグメントの作り方について説明いたします。まずは流れをつかむため、2つの簡単な設定のセグメントを作成してみましょう!
「パソコンをつかうユーザ」「パソコンで検索エンジンからくるユーザ」のセグメントをつくる方法を紹介いたします。

例1)PCユーザのセグメントを作る

googleanalytics-segment03

「+新しいセグメント」をクリックします。

googleanalytics-segment04

  1. セグメントの名前を入力します。今回は「PC トラフィック」としました。
  2. 今回は条件をクリックします。ここは設定する項目によって変わります。
  3. デバイスカテゴリを選択します。
    テキストボックスに「デバイス」と入力するとでてきます。
  4. 完全一致を選択します。
  5. desktopと入力します。
    テキストボックスをクリックしてしばらくするとサジェストが表示されるのでこれを選んでも入力できます。
  6. 「保存」して完了です!

例2)PCで検索エンジンから来たユーザのセグメントを作る

googleanalytics-segment05

すでにあるセグメントに条件を追加したものを作る場合は、コピーしてからセグメントを作成すると簡単です!
先ほど作成したPCトラフィックをコピーして作成してみましょう。

googleanalytics-segment06

ANDを押して条件を追加していきます。
流入元を指定する場合は、デフォルト チャネル グループを選択し、
検索エンジンからの流入なのでOrganic Searchと指定します。
あとはセグメントの名前を設定して、保存したら設定完了です!

さいごに

オリジナルなセグメントの作り方はお分かりいただけましたか?
セグメントでターゲットを指定することで、ターゲットに合わせたウェブサイトの改善をしていくことができます。

今回は「条件」を設定していく方法をご紹介しましたが、「シーケンス」を設定することで特定のページを通ったユーザに限定するセグメントなども作成することができます。
他にもいろいろな設定方法があるります!どのようなセグメントを作成するかはどのような分析をするかによってさまざまです。あなたのウェブサイトにあったセグメントを作成して、分析を行っていきましょう!

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post