Googleアナリティクスで改善するべきページを調べる方法

どのページを改善するべき?Googleアナリティクスで調べる簡単2ステップ

ウェブサイトを改善していくとき、どのページから改善していくべきか悩みますよね。
今回はGoogleアナリティクスを使ってどのページを改善していけばよいのかを調べる方法を紹介いたします。まずはターゲットを決めて、ボリュームの多いページから改善をしてコンバージョンにつなげていきましょう!

1.ターゲットを調べる

ウェブページを改善していく場合、ターゲットを決めることでどのように改善すればよいのか詳細に決めることができます。
まずはどのようなユーザに対して改善していくのかを決めましょう。
どのような人がウェブサイトにおとずれているのかを調べ、ボリュームの多いユーザを調べてみましょう。
調べ方は下記の記事で説明しております!

ウェブサイトのユーザ層を知る!Googleアナリティクスの基礎
ウェブサイトのユーザ層を知る!Googleアナリティクスの基礎
あなたのウェブサイトへ訪れているユーザは、どのようなユーザがいるのでしょうか? どんなユーザが訪れているのか知るためのGoogleアナリティクスの使い方をご紹介いたします。 ウェブサイトを改善

2.入口になっているページを調べる

ターゲットが決まったら、このターゲットがよく見ているページ「改善するべきページ」を調べます。
今回の例では「デバイスはパソコン、流入元は自然検索」であるユーザをターゲットとします。このターゲットが最初に訪れるページ(ランディングページ)を調べてみましょう!

ランディングページを表示する

レポート>行動>サイトコンテンツ>ランディングページ
最初に訪れる入口のページ(ランディングページ)を確認できます。

ここから、セグメントを使ってターゲットがウェブサイトへ訪問する際のランディングページを見てみましょう!

「デバイスはパソコン、流入元は自然検索」のセグメントの条件

セグメントの設定条件

セグメントの設定方法は下記の記事をご覧ください。


セグメントを設定する

ターゲットの入口ページが表示されます!

今回の例では、パソコンを使って検索エンジンからくるユーザは、ブログを見に来ている人が多いということがわかりました。ブログからの同線ができているか?など、このページから改善をしていきましょう。

まとめ

ターゲットに対してボリュームのあるページを、ターゲットに合わせて改善をしていきましょう。改善の例として、このページを見に来ている人をコンバージョン率の高いページへ誘導する方法が考えられます。
コンバージョン率の高いページの調べ方はまた後日ご紹介いたします。

CONTACT US

株式会社プロフェッサはWEB制作会社です。
ウェブサイト制作やシステム開発など、ウェブに関するご相談は下記よりお気軽にどうぞ


Previous Post

Next Post