結果出ます!お客様からの声VOICE FROM OUR CUSTOMERS

株式会社ムラカミ

少し相談すると「こんなのどうですか?」
と提案してくれる。
もうやはり他じゃお願いできないです。

Q御社の業種・業態、従業員数、創業年を教えてください。

会社名 株式会社ムラカミ
業種 葬祭業
創業年 昭和12年3月

Qプロフェッサを知るまでに、お悩みな事はありましたか?

「こちらが思っていることを形にしてくれるところ」を探していて、なかなか見つからなくて悩んでいました。
弊社が考える葬儀への想いを形にするために、今後どういう風に展開していったらいいのかな、というのがありまして。

結局、いろいろな業者さんにお願いしても、”見てくれ”を重視するところで中身がなかなか伴わなかったり。
今後どうしていったらいいのかな、って悩んでいました。

葬儀社でも商品やアイテムしか宣伝していないところがほとんどでして、葬儀社というサービス業である以上、商品よりも「サービスをどのように展開しているのか?」というところをお客様に伝えるためにはどうしたら良いのか、というところでいろいろと検討していて、なかなかそれができませんでした。

制作会社と一緒に作るというか、制作するときに制作会社の人がちゃんと理解をして、わかってくださる方。きちんと取り組んでもらえる、というところが少なかったですね。

Qプロフェッサとの出会いを教えて下さい。

たしか、ウェブ検索ですね。キーワードはウェブ制作ではなく、ブランディングとか、そういう感じだったと思います。

Qプロフェッサの営業担当が御社にお伺いした時のはじめの印象は率直にいかがでしたか?

ウェブを単純につくる、たとえば「設計図を渡してその通り作ってくれる」という会社じゃなく、逆に僕のような素人に対して、「設計の段階からいろいろアドバイスをしていただける」というところがありました。

まず、電話の対応がよかったですね。会話の内容が、他の業者さんと違う!と感じました。
なんというか、人間味がありました。
他の業者さんは、「こう作って」といったら「こう」しかできなくて。応用ができなかったり、それに対する取り組みがなかったのですが、そこが全く違いました。

プロフェッサさんは、会社の雰囲気が、弊社に近い感じでした。
「提案して、自分たちの利益を追求するためにお客さんの利益が後回し」という感じが無いところに共感できて、お願いしたいと思いました。

Q初めて知ってから、お打ち合わせさせていただくまで、どのぐらいの時間がありましたか?

そんなにかからず、すぐですね。お会いして1週間ないくらいです。
もう、お会いする前からの電話の対応とかもあったので、お会いしてからはそんなに時間はかからなかったと思います。

Qデザイン会社がたくさんある中でプロフェッサを選んで頂いた理由を教えてください。

理由はやはり、言った物しかできない会社ではなく、
あくまでも、私どもの”利益を追求していくためにどのようにしていくのか”ということを一緒に考えて、提案して、持っている自分たちの強みを織り交ぜながら、ウェブに具現化していくという姿勢ですね。

Qページができあがったときの、第一印象はいかがでしたか?

第一印象は、うちの会社にあっているな、という印象ですね。
考えていた通りというか、それ以上の状態でした。

結局、サービス業は形がないものなので、それを「どう形というか」「心にのこすか」というところなんですよね。

サービスとして、そこまでする必要がない部分もあるのですが。
でも、私どものことを信用して依頼してくださるお客様に対して、適当なことをすると裏切りになってしまうので。
大事な家族をおくるときに、他人に任せなければならないので、そんなときに心に傷を負ってほしくないんです。
心を癒す手伝いとして、弊社が存在するというところが表現できていました。

Qプロフェッサに仕事を依頼してから身の回りで一番かわったことを教えてください。

お客様への伝わり方、伝えるための手法から、お店の内装まで、いろいろ変わりましたね。

お客様の信頼・信用度はかなり上がりました。
以前は、弊社の理念やサービスの内容が伝わっていなかったので、打ち合わせ時に細かく説明する必要がありました。今は「弊社のサービスを分かっていただいたうえで、ご依頼いただいてお話しをする」という流れになったので、打ち合わせが格段に楽になりましたね。

お客様はこちらからお願いしなくてもウェブサイトをよく見てくださっていて、
安心してからご依頼をいただけるようになったので、疑いの目で入ってくるということがなく、細かな部分について何か言われることもなくなりました。

さらに、ご葬儀が終わってからもご利用いただけているので、アフターサービスの展開も楽になりました。

費用面にも変化があって、ウェブ単体でご依頼いただくお客様も金額ではなく「サービスの内容」でご依頼いただくようになりました。
信用度、信頼度があがってきているので、前よりもそういう部分で大きく変わってきています。

今後の展開としては、イベント形式ではなくて、きちんとした葬儀をやりたいという方に対応するようなアプローチをしていきたいと考えています。
今はほとんど見かけなくなってしまいましたが、道具もしっかりそろえる「本式のやり方の葬儀」というものも形にしてお伝えしていきたいです。
でも、本式の葬儀をできるところは少なくなってきているんですよね。

「葬儀とは何なのか?」というところに戻ったとき、きちんとした葬儀を求めている人にとって、そこができるかできないかというのは大きいので。
それができる会社だというところが知られていないので、今後はそういうところもしっかりしていきたいですね。

ある程度形になってきている流れの中で「そういうところも、今後また展開できる」と思えるのも、プロフェッサさんにお願いして変わったことの一つです。

なにより、ウェブサイトを作る上で方向性が明確になりましたね。
「ウェブサイトができた」というよりは、プロフェッサさんが提案、ブランディングしていくにあたって、いろいろお話いただいたところが大きいです。

なにが必要で、どうやったらお客様にきちんと伝えてみせることができるのか?みせるためには、どうしていかなければならないのか?
といったような情報が整理されていきました。

店内・店外に向けたディスプレイの設置や、お店の照明も明るくしたり、トイレも全面改装したり。
すべて、プロフェッサさんにお願いしてから変わっていきましたね。
お客さんに対するアプローチの手法を形にしていくことができるようになりました。

Qプロフェッサの仕事の中で、特に満足されている点があれば教えてください。

もう、全部ですね。
なので、継続的にいろんなお願いをしたリ、こういうことをしたい!というお話させていただいているんですよね。
ちょこっと言うと、持ってきてくれるじゃないですか。「こんなのどうですか?」って。
そうなってくると、もうやはり他じゃお願いできないです。

私とお客様との仕事もそうで、相互がきちんとした形でないとできないので、「片方が一方的にやってやってる」、というのではうまくいかないと思っています。
やはり、それも信頼・信用関係ですよね。

Q今、販促についてお悩みの方に何か一言お願いします。

ホームページを作ることが目的ではなくて、ホームページを作ることで自分たちの考えの整理ができます。
それによって、その過程で派生していって、次の展開のきっかけになるので。
そういう部分では、そういう提案とかをしてくれるいいパートナーをみつけて進めることによって、良いものを良いと認知していただけるようになります。
いろいろお考えになるところがあると思いますけれども、やはり、ホームページを作るだけじゃない、「違うものも得られる」というところが大きいので、積極的に取り組んでいただけるといいと思います。

一番大きいのは、ホームページをつくったことがいいのではなく、いろいろ派生してきて、「こう言うことも必要だ」と認識できるところが大きいです。そこができるとこにお願いしなければ、正直、お金の無駄だと思います。
制作のみ!納品しました!というところに頼むのは、安くても、正直無駄です。

やはり、一緒に作ってくれる制作会社に頼むことで気づくものがかなり多いです。
その業界にずっといると、当たり前と思っていることが当たり前でなかったりするので、そういう初歩的な部分とかがわからなくなってしまいますよね。
そこをきちんと分からせてくれるところでしたね。
そういう意味では、やはり作る会社を選ばないと、すごく損しますね。

単純にお金だけでみちゃダメなんですけど、そういうことに自信がない制作会社はお金で売るじゃないですか。
そして、頼む側も安いからここ、と選ぶけど。

ホームページ、という格好つけるものが欲しいだけなら、安いところでいいと思いますが、自分たちが良いと思っているものを、お客さんにも良いと思ってもらえるものが欲しいというのであれば、第三者としての意見を言ってくれる制作会社が良いと思います。

今まで自分たちが苦手としていた部分がわかるだけでも、対価として高いものではありません。

リニューアルしたWebサイトはこちら

村上葬祭 オフィシャルサイト

このサイトを見る

担当者写真

ホームページ制作やリニューアル、システム開発でお困りの方お気軽にご相談ください。

専門コンサルタントが無料でご相談にのります。

MAILご相談・お問い合わせ

0120-982-292

○電話受付 9:00~18:00 ○定休日 土日祝

※専門のコンサルタントの予定が埋まる可能性があります。打合せの予約だけでもお早めにしていただくことを推奨します。
PAGE TOP