システム化、データベースならこんないいこと!!

システム化、データベースならこんないいこと!!

そもそも「システム化」って何でしょうか?
例えば、あなたの会社が、自社製品を複数の取引先に販売しており、あなたの仕事はその販売数を管理することだとしましょう。
あなたはどうやって製品の販売数を管理しますか?

システム化、データベースについてご説明します!

エクセルで管理する場合

エクセルでの管理

まず最初に、自社の製品リストを作るとしましょう。
シンプルなものならExcelで簡単に作れますよね。

次に、顧客のリストを作るとしましょう。
これも同様にExcelで作れそうですよね。

では次は、顧客への販売履歴を作りましょう。
シンプルな表にするなら、製品名と顧客名を並べて、いつ、いくつ、いくらで売れたかを書き込めば、一応販売履歴も作れそうです。

でも製品名とか顧客名は、以前に製品リストや顧客リストを作ったんだから、それを再利用できたら楽ですよね?
製品の標準価格だって、製品リストの中に持っているはずです。
同じことを何回も書くのは面倒だし、書き間違いの危険も高まります。

ファイルがいっぱいで困る

納品書を作ろうとしても、同じように製品名や顧客名を書き込まなければいけませんね。
実売価格だって販売履歴に書いたんだけど、またこちらにも書き込まなければいけません。

Excelの機能をしっかり使いこなせば、そういったことも効率的に管理できなくはないんですが、ほとんどの方は、面倒だと思いつつも、コピペでこつこつと資料作成しているのではないでしょうか?

データベースなら、こんないいこと

じゃあこれらを効率的に管理するには、どうしたらよいのでしょうか?

そこで登場するのが「データベース」です。
これまで、せっせと「表」で管理していたものを、「データベース」という仕組みを使って管理してみましょう!!

データベースで管理すると?

「データベース」とは、データを集めて管理することに特化した仕組みなのです。
特化してるんだから、便利なのは当たり前ですよね。

「データベース」を使って作ったシステムだと、こんないいことがあります。

  • 同じことを何回も入力しなくて済みます。
  • 複雑な条件での検索が簡単にできます。
  • 大量のデータでもサクサク動きます。
  • 複数の人で同時に利用できます。
  • 不正な入力やデータをシステムが教えてくれます。

なにから始めればよいか?

問題は、これまでのExcelのように、自分で簡単に何かを作るってわけにはいかないところです。
システム開発の会社に頼むとしても、何を頼めばいいかわからないし、どのくらい費用がかかるのか見当もつきませんよね?

例えば具合が悪くて病院に行ったとき、いきなり治療することなんてありません。
まず診察ですよね?

システム開発も同じです。
何を頼めばいいかわからなくていいんです。
まずは困っていることを相談するところからスタートです。

まずは困っていることを相談する!

打ち合わせ

プロフェッサはこれまで数多くのお客様の業務システムに携わってきました。

”お客さまにとって、どんなシステムが必要なのか?”

プロの視点で、お客様と一緒に考えるところから始めます。
まずは、お気軽にご相談ください。

CONTACT US

株式会社プロフェッサはシステム開発・Webサイト制作会社です。
お仕事のご依頼やお困りな事がございましたらお気軽にご連絡ください。


Previous Post

Next Post